等々力競技場

開幕戦の対戦相手が決まりましたね
サガン鳥栖の相手は2017年2018年シーズン王者の川崎フロンターレです。

かなり強敵ですね。

今回は、開幕戦に向けて等々力競技場のスタジアムガイドをします。

こちらのサイトによると等々力競技場 収容人数 26827人

等々力競技場ってどこ?

〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1-1

地図をみて分かるように最寄り駅は川崎駅じゃないんです。

アクセスは?

等々力競技場はいろんな駅からアクセスできるのが長所。
だから帰りはいい感じでいろんな駅に分散するので駅で立ち往生することないので安心です。

最寄り駅は武蔵小杉駅、武蔵中原駅、新丸子駅、東急田園都市線と4つ駅からアクセスが可能
しかし、どの駅からも徒歩20分くらいかかる。もしくはバスの利用が必要となるので
試合開始1時間以上前には最寄り駅についておきたいところ。

詳しくは川崎フロンターレ公式ホームページに記載ありますので確認するのをお勧めします
めちゃくちゃ分かりやすいです
アクセスはこちからです。

とにかく複雑!

最寄り駅からはとにかく複雑で迷子になりやすい。
確か、武蔵小杉駅から友人のiPhoneでナビしていこうとしたけど、複雑すぎて迷いながら
行ったのを覚えている(笑)

川崎サポの人が「慣れていないと迷いやすいからユニフォーム姿の人についていけば確実だよ」と言っていました。
確かにユニフォーム姿の人の流れについていけば迷うことない
だから試合開始1時間以上前に最寄り駅にいって2017年は迷うことなく行けました。

YouTubeに行き方説明している動画あるので参考にみるのもいいかもしれませんね。

武蔵中原駅から徒歩での行き方です。

武蔵小杉駅の人注目

武蔵小杉駅は、南武線と湘南新宿ライン(東京、横浜、平塚方面など)横須賀線(横浜方面など)があって
特に湘南新宿ラインと横須賀線利用の人、要注意です。

なんと武蔵小杉駅についてからかなり歩きます。
イメージでいうと東京駅で京葉線に乗り換えるように歩きます。
ラッキー駅着いた間に合うって思っても実はかなり歩くので電車の時間に間に合わないとかありますので
要注意です。

横浜に向かいたい人は、武蔵小杉駅でなくて新丸子駅(東急東横線)がいいかもしれません。

チケットはいつも争奪戦

こちらにあるようにこれの試合だけでなくていつおチケットは完売します

2017年にリーグ優勝して益々、人気になった川崎フロンターレ。

チケットは発売日に買わないと買えません。
これはAWAYサポーターにも言えます。
油断していたら完売で観戦できないとかありますのでチケット発売日はいつなのか
常に公式ホームページを確認しておこう

いつも完売でみにいけない人も多いから新国立で試合してもいいかもです

今の川崎フロンターレなら満席にできます
中村憲剛選手がこんなこと言ってました。

僕がプロになった2003年、川崎フロンターレはJ2を戦っていて、ホームの等々力で試合をしても、雨が降れば観客は3000人程度。当時は、「こんなもんなのか」と実感させられました。観客が少ないから、2階席に大きなユニフォームを飾って、空席を目立たないようにしていたこともあるくらいで(苦笑)。
引用元 BEST TIMES

臨場感は

陸上競技場だから、距離は感じてしまうのが残念なところ。

等々力陸上競技場

バックスタンドからの眺め

 

等々力陸上競技場

2011年メインスタンドからの眺め

一応、屋根はついていますがゴール裏で応援していた知り合いは濡れたので恐らく前例は濡れるかもなので
雨具は準備しておくのが無難です

まとめ

  1. 4つの駅からアクセスができる
  2. 武蔵小杉駅の湘南新宿ラインに要注意
  3. チケットの完売率が非常に高い

以上が等々力競技場のスタジアムガイドとなります。この記事を参考にしてくれたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA