【2022年J1第26節】レビュー 北海道コンサドーレ札幌VSサガン鳥栖

yosuke

今シーズンもみた試合の感想について書いていきます。
DAZNや現地観戦に関係なくサガン鳥栖以外の試合も書いていこうと思います。

前回の試合レビューはこちらです

1-2逆転勝利

Lightning G3 Pro Pack(アップデート期間3年)

今シーズン初の逆転勝利

先制点を奪われた試合は未だに今シーズン勝利がなかった。

横浜Fマリノス戦は一時的に逆転したが終盤に追いつかれた。

逆転勝利は簡単にできないがAWAYで勝てたことは自信になる。

選手が去年、大量に抜けたが上手く機能している。

実はAWAY札幌戦は2012年以来の勝利なのだ。

2018年2019年は札幌にシーズンダブルをされて相性最悪だった。

2012年以来のシーズンダブル達成だ。

シーズンダブルとは!?

同じ相手にリーグ戦でホームアンドアウエーで勝利すること

前半と別のチームに変貌

前半は札幌ペースで試合が進んだ。

1失点で抑えることができたから逆転勝利に繋がったと思う。

前半のシュート数は3。

後半のシュート数は13。

4倍以上に増えた。

後半から垣田裕暉を投入したことでボールが収まるようになり攻撃の形ができた。

川井監督の修正力素晴らしいです。

両GKの活躍

北海道コンサドーレ札幌 菅野孝憲

サガン鳥栖 朴一圭

両GKの活躍があり試合がとても拮抗して面白い展開となった。

J1 J2の違いはGKの質だと実感している

J1はGKがどのチームも素晴らしい。

戦力にはあまり差がない。

J1で戦うために良いGKを確保することは必須だ。

プレミアリーグなど世界トップレベルのリーグになると最もお金をかけるポジションはGKと聞いたことがある。

福田2アシスト

新潟に移籍して本当に彼はキックの精度が向上したと感じる。

アルベル監督のサッカーを体現するのはキックの精度が高いことが条件だったのだろう。

Lightning G3 Evergreen キット

次節小泉出場停止

次節のアビスパ福岡との九州ダービーには小泉が累積警告で出場停止。

守備範囲の広さが売りの彼がいないのは痛いがサガン鳥栖を信じるしかない。

DOGSO!?

前半5分の朴一圭の興梠慎三へのファールはDOGSOでレッドカードだと感じた。

サガン鳥栖サポーターの私からみてもそう感じた。

DOGSOとは

「denying an goal-scoring opportunity」を略した言葉で、 「決定的な得点の機会の阻止」 という意味になります。

おまけ

各種SNSはこちらです。フォローしてくれると嬉しいです。

コメントは原則として100%目を通して返信しますのでコメント欄、もしくはSNSに感想など送ってくれると嬉しいです

過去の投稿

旅行
【#サガン鳥栖】必読!!!AWAYサポーターに役立つ情報
サガン鳥栖
2021年版僕たちがサガン鳥栖のためにできること
football
travelenglish
コロナ減税こそが日本サッカーを強くする
Jリーグ
haveafun
【DAZN】来客の展望について考察するNew!!
Jリーグ
【Jリーグ】残留争いツイートまとめNew!!
サガン鳥栖
【#サガン鳥栖】2021年との比較New!!
Jリーグ
J2を楽しくなるブログまとめNew!!
Jリーグ
想像以上に過酷!?J3リーグ!?New!!
サガン鳥栖
【#サガン鳥栖】最強!?New!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA