【2022年J1第24節】レビュー サガン鳥栖VSジュビロ磐田

yosuke

今シーズンもみた試合の感想について書いていきます。
DAZNや現地観戦に関係なくサガン鳥栖以外の試合も書いていこうと思います。

前回の試合レビューはこちらです

2-0で勝利

中野伸哉のライン上でのクリア

前半、彼がライン上でのクリアをしていなかった場合はジュビロ磐田に先制点を与えてしまったら結果は全く違っただろう。

とにかく先制点を取れたことが勝利に繋がっただろう。

効率良く先制点

ジュビロ磐田ペースで試合が進む時間がありましたが先制点取れたことが大きい。

サイドから長沼がクロスを上げて得点。

とても流れが良かった。

前半1-0で終えたので後半はスムーズにゲームに入れた。

1対1を制した両サイドウィング

左の岩崎

右の長沼

どちらも1対1で負けていなかった。

1対1で負ける局面で枚数が足りなくなる。

運動量も落ちなかったしサガン鳥栖のサッカーを機能させるためにハードワークは必要。

川崎フロンターレだってハードワークしている。

川崎フロンターレはとにかくボールを奪うのが早い。

一人一人がハードワークをするチームが強いのだ。

特に岩崎はAWAYのジュビロ磐田戦でのミスをしてしまったがボールを地の果てまで追いかける。

彼は過ちを水に流すことができた

ファーストプレイで得点

垣田は気持ちが1000%こもっていた。

ヘディングで本田にパスを出して本田のクロスを仕留めた。

投入からのファーストプレイで得点できた。

相手にロングボールを蹴らせないために前線からスプリントしていた。

ボールを奪われたら地の果てまで追いかける

サガン鳥栖のサッカーはハードワークをすることで成立する。

おまけ

各種SNSはこちらです。フォローしてくれると嬉しいです。

コメントは原則として100%目を通して返信しますのでコメント欄、もしくはSNSに感想など送ってくれると嬉しいです

過去の投稿

旅行
【#サガン鳥栖】必読!!!AWAYサポーターに役立つ情報
サガン鳥栖
2021年版僕たちがサガン鳥栖のためにできること
football
travelenglish
コロナ減税こそが日本サッカーを強くする
Jリーグ
haveafun
【DAZN】来客の展望について考察するNew!!
Jリーグ
【Jリーグ】残留争いツイートまとめNew!!
サガン鳥栖
【#サガン鳥栖】2021年との比較New!!
Jリーグ
J2を楽しくなるブログまとめNew!!
Jリーグ
想像以上に過酷!?J3リーグ!?New!!
サガン鳥栖
【#サガン鳥栖】最強!?New!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA