日本代表の強化試合にはJリーグ選抜が適任!?

アジア予選を前に日本代表は格下と親善を行うことがある。
過去にはアゼルバイジャンキプロスなど試合したことがあった

はっきり言って無意味だと思います。

理由は以下の通りだ。

  • 攻撃を受けることが少ない
  • 日本にはベストメンバーを相手が組めない

攻撃を受けることが少ない

日本が相手自陣でひたすら攻めるハーフコートゲームとなる。
アジア予選だと引いた相手が空いた多いための仮想として招待していると思われる。
確かに日本がアジア予選では攻撃を受ける場面はあまりない。
しかし、攻撃を受けることが少ないと守備の戦術浸透確認もできない。
ワールドカップ本番前に確認することになってしまう。

日本にはベストメンバーを相手が組めない

日本の地理的にベストメンバーのフランス代表などの強豪国を呼ぶことができない。
来日できても2軍メンバーだ。
時々、試合前1日に来日し時差ボケが解消されないままでの試合したチームもあった。

海外から招待するのはベストメンバーが組めないし、日本への来日のためのビザ発行などとにかくお金がかかる。
つまりコストパフォーマンスが悪い。

日本では日本代表の強化試合ができない

これが結論だ

Jリーグ選抜と試合をしよう

yosuke

今年はジャマイカ戦が中止になり急遽、U24と試合をすることとなった。
3-0で日本代表が勝利したが、お互いの強化に繋がったと思うし、見応えがかなりあった。
U24の選手は日本代表と試合できてかなり刺激になっただろう

正直、川崎フロンターレとの試合が一番効率的だが、負担が大きくなりリーグ戦への影響が大きくなるので日本人と外国人でメンバーを組みました。

※サガン鳥栖サポーターにより偏ったメンバー構成になりますのでご了承ください。
10月のサウジアラビア、オーストラリア戦に招集されていないメンバーで組みました。

Jリーグ日本人選抜

  • GK 東口順昭(ガンバ大阪)
  • DF 山根視来(川崎フロンターレ)
  • DF 谷口彰悟(川崎フロンターレ)
  • DF 町田浩樹(鹿島アントラーズ)
  • DF 明本考浩(浦和レッズ)
  • MF 樋口雄太(サガン鳥栖)
  • MF 前寛之(アビスパ福岡)
  • MF 家長昭博(川崎フロンターレ)
  • MF 小泉佳穂(浦和レッズ)
  • MF 前田大然(横浜Fマリノス)
  • FW 上田綺世(鹿島アントラーズ)

控えメンバー

  • GK 高丘陽平(横浜Fマリノス)
  • DF 菊池流帆(ヴィッセル神戸)
  • DF 吉田豊(名古屋グランパス)
  • MF 山口蛍(ヴィッセル神戸)
  • MF 森島司(サンフレッチェ広島)
  • MF 水沼宏太(横浜Fマリノス)
  • FW 山下敬大(サガン鳥栖)

監督

鬼木達

Jリーグ外国人選抜

  • GK ランゲラック(名古屋グランパス)
  • DF エミル サロモンソン(アビスパ福岡)
  • DF ジェジェウ(川崎フロンターレ)
  • DF チアゴマルチンス(横浜Fマリノス)
  • DF ティーラトン(横浜Fマリノス)
  • MF ジョアンシミッチ(川崎フロンターレ)
  • MF クリスティアーノ(柏レイソル)
  • MF アダウイトン(FC東京)
  • MF アンドレス イニエスタ(ヴィッセル神戸)
  • MF ジュニオールサントス(サンフレッチェ広島)
  • FW レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)

控えメンバー

  • GK スベンド ブローダーセン(横浜FC)
  • DF トーマス フェルマーレン(ヴィッセル神戸)
  • MF レオ・シルバ(鹿島アントラーズ)
  • MF レアンドロ(FC東京)
  • MF マテウス(名古屋グランパス)
  • FW シュヴィルツォク(名古屋グランパス)
  • FW キャスパー ユンカー(浦和レッズ)

監督

マッシモ フィッカデンティ

試合をするメリット

地上波で放送される日本代表と試合することでJリーグの選手をより多く知ってもらいスタジアムに行く機会にもなると思います。
Jリーグの試合は開幕戦と終盤戦くらいしかNHKで地上波放送がない。

浦和レッズの槙野選手が街頭インタビューすると知名度がかなり低かった。
地上波放送はない。日本代表の試合でないと放送はないので当然のことだろう。

正直、スタジアムに年に数回行く人はかなりコアな層だと思います。
新規ファン獲得のために日本代表VSJリーグ選抜を定期的に開催していくことが必要だと思います。

日常のサッカー観戦を取り戻すために大切なことは

絶対に迷惑行為をしないこと

迷惑行為をすることはサッカーファミリーが積み上げてきた「日常を取り戻す」ことを全て取壊してしまうことにもなります。

もっとも注意しないといけないことは迷惑行為をしないことです。

大切なことなので繰り返します。

絶対に迷惑行為をしないこと

例えばサガン鳥栖でいえばフレスポ鳥栖店に試合日に迷惑駐車の多さです。
迷惑行為をしたサポーターが悪いのに選手やスタッフなどの関係者全てがサガン鳥栖という括りを受けます。
それでサガン鳥栖はマナー悪いとか良くないイメージを与えてスポンサー獲得にも影響します。

ユニフォームを着てスタジアムをでたらチームの一員なのです。

常に周りからチームとして見られていることを自覚して行動しないといけません。
もっともわかりやすい例が2014年に起きた浦和レッズ差別横断幕事件です。

一部のサポーターが起こした事件だが、世間は浦和レッズサポーターは差別主義者の集まりとか差別主義者に支えられている浦和レッズとか悪いイメージがかなり先行していました。
しかし、私は浦和レッズが大好きでいつもスタンドで応援している人を沢山知っているし今回のは一部のサポーターが起こした事件と認識できます。

だが、それはサッカーファンだけの話であって世間のイメージは良くないものです。

チームを愛するということはチームを背負うということを意識しないといけないのです。

リーグ再開後はマナーを守って楽しく観戦すればきっとファンなどは増えていきます。
だから再開を楽しみに待ちましょう。

関連記事はこちらです

コメントは原則として100%目を通して返信しますのでコメント欄、もしくはSNSに感想など送ってくれると嬉しいです

過去の投稿

サガン鳥栖
2021年版僕たちがサガン鳥栖のためにできること
football
浦和
【2021年Jリーグ開幕直前】J1リーグ順位予想
football
travelenglish
コロナ減税こそが日本サッカーを強くする
Jリーグ
浦和
【朗報】Jリーグ、来季からの100%観客入場を正式決定New!!
サガン鳥栖
【2021年J1第37節】レビュー 鹿島アントラーズVSサガン鳥栖New!!
Jリーグ
松本山雅
【Jリーグ】2021年降格ジンクス
サガン鳥栖
【2021年J1第36節】レビュー サガン鳥栖VS北海道コンサドーレ札幌
サガン鳥栖
サガン鳥栖がJ1に定着した理由
Jリーグ
味の素スタジアム
【Jリーグ】炎上覚悟。目覚めよサポーター!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA